さくらVPS8台構想が完了

2017年07月11日  カテゴリ:雑記

ひたすらサーバー継続

VPSでの冗長化を推進しています。
Nginxを理解していないので、
ただの立ち上げにすら時間をかける始末・・・

解説サイト仕事しろ!と思いながら、
なんとかWEBサーバー←→DBサーバーの連結に成功。
Apacheならすぐなのに・・・

これをもう1セット。
次にロードバランサーです。

NginxはPHPの設定が難しい。。

--

つまづくのは、

よく失敗したのは次の3つ。

・ファイアーウォール設定し忘れ
・ファイル・フォルダ所有者の変更し忘れ
・コピペ失敗

まぁでもこれはすぐに気付くので、
たいした損害にならない。

本当に困るのは、「起動できない」とか、
「意味不明なエラーが出る」とか。。
シャットダウンで直ることもあり、本当に意味不明です。

解説サイト通りにやってこれという・・・

--

不安になったので

ちょっと台数を増やして確実に移行させたい。
ということで次の構成に。

ロードバランサー×2
WEBサーバー×3
DBサーバー×3

合計8台のVPSを借りて、一つのサーバー群へ。
不要なら減らせば良し。

費用としては、マネージドサーバー1台分。
ただ、性能はしょぼく、専用サーバー1台の方がたぶん高性能。
可用性はたぶん抜群。

ロードバランサーはメモリ1Gで良いだろう。
その他は2G。一番コスパが良いです。

SSDが50GBしか容量がないので、
将来的には画像サーバーも作らんとあかんやろうなぁ・・・

--

悩んだのは

ワードプレスなので、画像などの保存先を統一しないといけない。
WEBサーバーが3台ありますが、そのうちの1台を更新用にする。
その1台から、残り2台へ同期。

調べた結果、Nginxでの振り分けで可能。
URLが管理画面であれば、という指定をすればOK。
管理画面以外はランダムで振り分け。多分簡単。

で、DBサーバーの3台ですが、
これはプラグインで対応可能のようだ。

ロードバランサーは、LVSとKeepaliveで冗長化。
解説サイトが仕事をしていれば、問題なく構築できる。

ということで、あとは実行のみ。

--

これをやりきったら

別館の方にVPSの構築完全マニュアルを作成します。
コピペで絶対にできる、そんな解説にしたい。
8台構成もコピペで楽々、と。

そう、さくらVPSで気をつけたいのが、
複数台まとめて注文すると、同じサーバーになること(多分)。
ipは連続して付与されます。

2Gと4gを同時に注文しても、連続ip。
たぶん同じサーバーです。Cpuも同じ。

障害情報を見てもいつも連続したipが対象。
となると、ipが連続=同じハードウェアと考えたい。
それだと、いくら可用性を高めても無意味。
VPSは一日一台の申し込みにして、全然違うipを貰うべし。

これから毎日申し込んでいきます。
 
 
※3連休はサーバー三昧かな・・・
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.