なぜ途中から面白くなくなるのか?と自分のスキルの話し

2016年07月15日  カテゴリ:雑記

化物語シリーズ

少しずつ見ているのですが、
後半になるにしたがい、笑いが無くなっている。

なんというか、人間の心理的にこうなってしまうのかなと思う。
始めた時が一番面白く、次第に「良い文章」を意識しだす。
感動させたり、泣かせたり、名言だと思わせたり。

テキストサイトも、こち亀も、
なんでも面白くなくなっていく。
いや、”馬鹿さ”が無くなっていく。

ネタ切れではないのです。
昔の自分が馬鹿に見えるのです。
馬鹿を直そう、と。

--

人間は芸術家に憧れる

笑いは多分、愚かに見てしまうのだと思います。
今はこんなんだけど、いつかは立派な芸術家になるんだ、と。
本物になるんだ、と。

でも、それは多くの人は求めていない。

チャゲアスも同じようなものだろう。
Askaは音楽家を極めようとしていて、
Chageは楽しく好きにやりたい、と。(多分)
そら、ソロ活動になります。

昔の歌の方が客受けは良い。
でも、今の方がはるかに音楽のレベルは上だと感じます。
自分の中では、Askaは日本一の作曲家。歌も昔とは違い上手い。

でも、そんな綺麗な曲は多くの人に求められていないので、
次第にファンは減っていき、自然消滅していく。
「昔は良かったのになぁ」と。

Askaの場合はファンが減っても十分に多いので問題はないですが、
ただの一般人のコンテンツなど、すぐに忘れ去られるだろう。

ネット界はその繰り返しだった。しかもかなり早く。

--

笑いのサイト

初めは馬鹿になって書けるものです。
でも、次第に真面目な内容を書いてしまうのは必至。

だから、笑いしか書けないようなサイトタイトルにした。
もう笑いから逃げることはできないぞ、と。
カテゴリもすべてに「笑」が付いている。

これが、「パルのブログ」なんかにしてしまうと、
絶対にこのブログで書いているような、うっとしいことを書いてしまう。
そうなるのは目に見えていたので、事前に手を打つ。

経験を生かす。歴史を生かす。

--

・・・で、ここから先は消去した。

ちょっと暗いことを書いてしまったので、消去。
1時間ほどかけて書いた大作でしたが、さすがに個人的過ぎた。
ここで終わってもいいけど、ちょっとだけ新たに書こう。

まぁあの、自分は普通じゃない。

その普通じゃないところが、子供に遺伝していて面白い。
通知表が自分そっくり。もはや、成績は遺伝といっても過言ではない。

自分は脳に異常があるタイプです。しかも二つ。
脳というのは、スキルの振り分けだと考えています。
ある項目を特化すれば、他の項目を下げる。
そうやって脳は進化してきていると思う。

自分はその脳の異常(スキル特化)は次のような感じ。

1、記憶力特化
→スキル全振りはサヴァン症候群になると思いますが、そこまではない。
 授業を真剣に聞くだけで4は楽に取れる程度。 
 暗記系は超得意だった。ただ、最近は衰え感がある。

2、想像力特化
→ここは特化項目が微妙な実感なのですが、想像力とよく言われています。
 確かに美術など想像物は得意。妄想も得意。頭の中での組み立ても得意。
 まさにプログラマー向き。趣味分野で優れている人がとても多い異常です。
 多分、比べようが無いけど、自分の想像力は異常に凄いのだと思う。
 自分の世界に入ってしまうと、何も聞こえなくなるほどの集中力になる。
 
 
まぁ、人より優れているところがある分、同じだけ悪いところもあるものです。
正直、デメリットが強すぎて社会では通用しない。
この進化は失敗だと思う。

そういえば、某無関係な教師に「遺伝するからお前は子供を作るな」と言われたこともあった。
「子供が不幸になる」と。まぁ、確かにその可能性は高く、言い分はわかる。
当時の自分は不幸と思っていたので、それが伝わったのだろう。
   
  
アドバイス通り遺伝しましたが、幸いにも自分の子供は2の特化はなく1のみ。
記憶力は自分より優れていて、その分悪いところも自分より悪い気がする。
2のデメリットはかなり大きいので、自分よりはマシに生きられるだろう。

父親も1かなと思う。自分の2はたぶん母方家系に低確率で現れる遺伝。
ろくでもないのを引き当てた感・・・

なんかまぁ、考えさせられるところがあるなぁ・・・ということを書いたものです。

--

普通じゃない。

よく「パル君の普通は普通じゃないから」と言われていた。
自分では簡単なことも、他人には難しいようだ。
もちろん、その逆もある。

この点はよく自覚しているので、
「参考までに」という言い方をすることが多い。

デメリットはとても重たいものですが、
そこを無視してメリットを生かせば社会で生きていける。
できないことはできない、それでいいと思う。

誰もが何らかのスキル特化を持っているかもしれない。
なんか、そんなことをちょっとでも考えてみてほしいな、と思います。

 
 
※自分の進化型を知ろう
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.