「良いサイト」の定義を考える

2015年09月26日  カテゴリ:雑記

返信抜粋

>「良いサイト」という定義はなかなか難しいものですが、
>「求められているもの+期待以上のもの+感謝される+尊敬される」かな。。
>最後は尊敬されないといけないと考えています。

って、自分がコメントの返信で書いたことですが、
ここはサイト作りにおいて悩む点の一つです。

--

尊敬の先は

「求められているもの」に応えるのは当たり前。
100円出して缶コーヒーを買うようなもの。

「期待以上のもの」は、
缶コーヒーなのにドトールコーヒーと変わらない味だ!!とか。

「感謝される」は、
よくここまで美味しくしてくれた!ありがとう!、とか。

「尊敬される」は、
この会社はいつも革新的な製品を出す、日本の宝だ!、とか。
 
 
 
・・・さて、この先は?
  
 
--

最後は死

どんな会社も死があると思います。
そんな時に「多くの人が本気で悲しんでくれる会社か?」と。

これはまぁ、人生も同じだと思います。
会社ではできる人が尊敬されるのは当たり前。
どの会社も尊敬できる素晴らしい上司がいるはずです。

ただ、その上司が退職した時に泣けるかどうか?
ここはまた、尊敬とは別だと思います。

自分の退職時?女性達が泣いてくれました。
じ、自慢?そ、それくらいしかないんだからっ!

--

と、という経験はあるので・・・

やはり、仕事の出来はともかく、
熱く生きているかどうか?がポイントかと思います。
サイトも熱く生きる。その気持ちが伝わり、感情が生まれる。

そう、感情が生まれるサイトじゃないといけない。
機械的に「1+1=2です」なんて書いても感情は生まれない。
熱く語ることにより、感情が生まれる。「こいつ馬鹿だ」と。

その感情が尊敬になり、尊敬が長く続くと無くなった時に悲しさを覚える。
そんなサイトが「良いサイト」と言えるのではないだろうか。

--

そこだけ考えたい

テクニックはいろいろある仕事ですが、
そこだけを考えて作っていけば良いかなと思います。

「想いは伝わる」と仕事に使うノートに書いていたように、
サイトの記事にて必死に想いを書き綴りたい。
そのためには、知識が何よりも重要です。

レッツ勉強っ!
 
 
 
※目先が金儲けの勉強なんて不要です。
 

パルどうSEOブログトップへ


コメント

  1. 名前:ruby(旧そなた) :2015/09/27(日) 12:20

    パルさまこんばんは。・・・じゃなくおはようございます。

    良いサイト、って本当に難しいです。

    最近はユーチューバーの動画を真似ではなく、有名ユーチューバーせとこうじさんの動画商品レビューのような伝わりやすい記事そして、必要とあらば動画を混ぜ込み、カメラであればとにかくカメラ初心者にもカメラ玄人にも伝わりやすい記事、お気に入りしてもらえる記事をいかにして書くか、そこに結構悩んでいます。

    カメラブログは完全にブロガー路線で行こうと思ってやっていますが、いざ役に立つであろう情報を好きに書こう、そう思ったら思ったで逆に難しくなってしまっています。

    そして思ったのが、私はブロガー的な記事を書いていますが、結局完全なブロガーではなく、ブログアフィリエイターなので、そこも結構悩んでしまっています。

    ブロガーは個人の思いを書き綴るもの、アフィリエイターはとにかく有益な情報を訪問者に提供するもの。

    このふたつをハイブリッドするっていうのは、実はかなりむずかしいのではないかと、今更考えています。

  2. 名前:ruby(旧そなた) :2015/09/27(日) 12:27

    で、今更思っているのが、結局自分は何がしたいのか・・・ということですよね。

    ホント、いまさらなんですけど(汗)

    結局この4年間、何を目標にアフィリエイトをやってきたのか?って考えるとやっぱ、食っていくためだよなーって思ってしまって、だとすると、ブログアフィリエイターとしてそれはそれでいいのでしょうけど、仕事として意識しきれていないから詰めが甘かったり、途中で更新が途絶えてしまうのか。。。などなど、ここへ来て自分の甘さが酷いことになっていると思うようになってきました。

    聞こえはいいんですけどね。自分の好きなことを仕事にする。。でも現実問題で考えると、仕事はあくまで仕事だよ・・・と。

  3. 名前:ruby(旧そなた) :2015/09/27(日) 12:45

    その辺りの仕事という認識がここ数ヶ月圧倒的に不足していたな。。と。

    なので、もう何度目の考え方の変更かわかりませんが(汗)、しばらくはガツガツ記事を書いてみようかと思います。

    パル様のように1日10記事とかは無理ですが、最低3記事程度は書いていければと思います。rubylogも再開します。(目先の利益を求めて(笑))

  4. 名前:ruby(旧そなた) :2015/09/29(火) 00:37

    パル様こんばんは。

    今日は業務連絡です。

    なんと、不眠になってしまいました。理由はおそらくビジネスの方向性が定まらず、悩みに悩んだ結果だと思っています。

    そして、今日記事を書くためにいろんなブログやサイトで勉強していたのですが、サイトによって書いていることがあまりに違うというか、今まで信じて書いてきたくせ毛の記事(たった3記事程度ですけど)なども、いろいろ調べると嘘を書いていたかもしれないと。そういうことがわかってしまい、何を信じるべきかわからなくなってしまいました。

    まだなんともいえませんが、すでに昨日から起きっぱなし(寝てない)なので、ちょっとこれは流石にまずそうです。

    というわけで、ちょっとばかし、休憩に入ろうと思います。

    気分は冴えているのですが、現時点で何に手を付けていいのかが全くわからない状況になってしまいました。そして、昨日から寝ていないのに、現時点でもまるで眠気も食欲もない状態です。

    ってかこれって多分うつですよね。

    そういうわけで、ちょっとばかし休憩して、酒でも浴びてみようかと思います。

  5. 名前:ruby(旧そなた) :2015/09/29(火) 00:39

    追伸

    気分転換にmillionphotoは更新するかもしれませんが、基本的にはお休みします。

    また本格的に復活できそうな状況になったらまたご連絡いたします。

  6. 名前:パル@管理人 :2015/09/29(火) 09:35

    rubyさんおはようございます!

    返信遅れて申し訳ないです。
    すぐ読んではいたのですが、アドバイスは難しいな、、と思っておりました。。

    気合いのアドバイスをrubyさんへ!
    (自分はこういう考えです)

    --個人的なアドバイスをrubyさんへ--

    不眠になるほど考えるのは良いことだと思います。
    考え込む時期というのは必要で、そこが成長の鍵とも言えます。
    自分も考える癖が強いので、何かと眠れない時があります。
    後で考えると、どうでもいいことに悩んでいたと気づくのですが。。

    今は悩みに負けることは無くなりました。
    それは、心の拠り所ができたためだと思います。
    二つあり、一つは「ブッダの教え(初期仏教)」、
    もう一つは「松下幸之助の考え方」です。
    rubyさんに合うかどうかはわかりませんが、個人的にはおすすめです。
    ちなみに初期仏教は宗教ではなく論理学で、真理を見つけ出す勉強になります。

    このあたりは別になんでも良いのですが、
    何があっても変わらない「考え方」を身に着けると良いと思います。
    そうなると、悩みが前向きの悩みになります。
    悩みの方向性が無いと、どうしても後ろ向きになるので、鬱っぽく。。

    あと、個人的な経験から、心が鬱になるのは「後悔の連続」だと思っています。
    今の苦から逃れるために、その場しのぎの楽をしようとする。
    すると、しばらくして「何やってんだ」と後悔することになります。
    より苦は大きくなり、紛らわすためにまた一時しのぎを、、。
    これが鬱一直線パターン。

    「今やらないといけないことは何か?」を無心で考える。
    それを無心で行うことが、鬱を避けるコツと考えています。

    「やらないといけないことがわからない」という点については、
    実際のところそんな状態はほぼありません。
    子供がいたら教育をする。部屋が汚れていたら綺麗にする。など。
    「あ、やらないとな」と思うことは多々あるので、
    それを無心でこなすだけで、充実した一日を過ごせます。

    --

    「お金」という心配事に捕らわれて、やらないといけないことを一生懸命探す。
    なんとなく、ここがrubyさんの現状じゃないかと思います。

    確かにお金がないと生きていけない。将来は不安。
    ここは自分も大いに悩んで、鬱っぽくなったところです。
    本当、鬱になると食欲無くなりますよね。。

    初期仏教の教えを守ると、基本的には貧乏でも幸せになります。
    ようは、欲(煩悩)を全て無くすので、苦は一切無い=幸せというもの。

    でも、それだと自分だけが幸せになる。
    家族の幸せはやはり、お金が重要になります。

    お金というのは、人の役に立つと貰えるもの。
    会社では会社全体として人の役に立ち、社員にお金を分配しています。
    その分配に不満がいろいろと出てくるものです。

    なら、自分が分配する立場になればいい、と自営業に。
    どんどん人の役に立つだけで、お金は増えていきます。

    --

    人の役に立つ能力がないと稼げない。
    ここもrubyさんの現状と思います。

    役に立つ能力がないのに、役に立てることを考える。
    「これはいける!」と考え実行に移しても、稼げない。
    ピアノ習いたての人が今すぐピアノで稼ぐ!と宣言するようなものです。

    まだ能力が低い状態でサイトを作るのは良いことです。
    ただ、これを「勉強」や「修行」と思わないといけない。
    「人の役に立つ」と考え、日々修行(更新)をする。

    そう考えると、上手くいかなくても落ち込まず、
    手が止まることもありません。
    「まだ修行が足りない」と、より努力する姿が正しい姿勢です。

    どうすれば役に立つのかわからない場合、
    役に立っている人を見て勉強します。本を読んで勉強します。
    自分が「これは役に立った」ということを意識するのも大事です。

    役に立つ方法がわかったら、それを実践する。
    結果、お金が増えたら、役に立った!と。

    アフィリエイトは「役に立ったように思わせる」という手法が根強いですが、
    ここはまぁ、悪い行いなので気にしないでおきましょう。

    --

    人の役に立つことを、心底楽しいと思うようになりたい。
    いつも「楽しくやりましょう」と言っていますが、
    この考えが基本となっています。

    この考えになるには、日ごろからの良い行いが大事です。
    ちなみに、「良い行い」とは仏教的には、
    「自分も喜ぶ」「相手も喜ぶ」「後悔しない」です。

    どんな良いことでも、後悔するようなことはダメ。
    後悔するということは、何かしらの欲があったものです。
    無欲で良いことをする。ここはアフィリエイトに通じるものがあります。

    こうなると、「お金」という考えは吹き飛びます。
    妄想している場合じゃない。修行をしなくては、と。

    更新は休憩しても、修行は続けてください!
    昨日より今日。日々の成長が大事です。

Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.