事前に考えることの重要さを語る

2017年11月10日  カテゴリ:サイト作成日記

駐車場

よく行くスーパーの駐車場は怖い。
目の前でよく事故が起きます。
どれも老人が運転する車で、この1年だけで、

1、自転車に乗った子供をノーブレーキで跳ねる
2、出庫の車に真横から衝突
3、コーンを気にせず破壊

自分の目の前でこれだから、
数百倍の事故は起こってそう。

プリウス、本当に怖い。

--

印象に残る

そういった印象に残るサイト作りは大事
今、自分が覚えているサイトなどごくわずか。
100サイト見て、覚えているのは1つくらいだろう。

ブロガー的なサイト、情報サイト、
これらはほぼ記憶に残らない。

どちらかというと、サイト名よりもデザインを覚える。
中でも、「色使い」が記憶を思い出させる。
「緑のサイト」とか。

サイト運営において、「かっこいい」は強みにならないと思う。
覚えてもらう、使いやすい、いつも検索に出てくる、
そういって、安心感を持たせることを意識したい。

「またこのサイトか」「迷惑だ閉鎖しろ」

と言われるくらいがちょうどいい。

--

ずっと考える

どういうやり方が良いか?と常に考える。
考えながら、知らぬ間に寝る。
食べながらも考える。

好きなことならこれは普通だろう。
そうして出した結論を、仕事で具現化。
スタートから考えることがないので、すぐ作業に移せます。

記事を書きながらも考える。
どんな補足記事が必要か?
ユーザーは何を疑問に思うか?

仕事の基本的な効率化です。

--

やり方ではない

企業の効率化はやり方ばかり注目する。
しかし、根本的には「悩む時間を無くす」が大事だと思う。

自分は記事作成ペースが社員より速いですが、
それは事前に書くことを考えているため。
仕事中は基本的に考えたことの実行。

仕事の8時間は実行の場。
そう考えるのが効率化のコツです。

好きじゃないとできない技でもある。

--

品質は

考えた内容によって決まる。
考える時間はいくらでもあるので、
じっくりと考えて質を上げていきたい。
 
努力は見えないもの。
人と同じことなんてできない。
 
※好きになると上達する理由でもある。 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.