実験としてAMPページを作りました。

2017年03月01日  カテゴリ:サイト作成日記

3月です。

今年度の締めくくりとして、精一杯頑張りたい。
・・・なんて抽象的な言葉は良くないですが。。

既存サイトの修正が終わり次第、
LPの修正や追加に専念していこう。
しっかし、特単の目標は達成できてないなぁ・・・

アドセンスは最高益になりそうで、ここは良し。

--

AMP

まだSEOの効果は無いと思いますが、
ちょっとずつ意識しないといけなくなってきた。

AMPとは、簡単に言うとスマホ向けデザインの規格化。
Googleがキャッシュもしてくれる?ので、表示も高速になる。

というのは表向きの理由(餌)で、
タグを統一化することにより、「うまいこと利用してやろう」という魂胆(多分
Googleに記事の内容を好き放題使われることになるだろう。

AMPにしませんか!と某サイトだけしつこい(利用する気満々だ

--

AMP化

AMP化については、プラグインなんて使う必要無し。
スマホ用のページを作るのとほぼ同じ感覚です。

具体的には、GET送信仕様を利用してPHPの処理を分岐。
あとはifや置換でAMPと標準の場合のタグを書き分けるだけ。
CSSも外部CSSの中身を書き出しすれば、全く同じCSSを使える。

このブログのようなシンプルデザインならやりやすいです。
ということでやってみました。

<この記事のAMPページ>
http://parudou.com/seoblog/sitenikki/2955/?amp
※GET送信の値なんて必要ない

コメント欄もできるかもしれませんが、わからなかった。

--

全く同じデザイン

AMPにしてもデザインはほぼ変わりません。
コメント欄、JSが使えないなど制限はありますが、
そんな凝ったサイトでない限り、ほぼ変わりなく作れます。

まぁでも、作る価値があるか?となると微妙。
どちらかというとマイナスになるよう感じました。
メインサイトはとてもAMP化はできない。

まず、画像、アドセンスの読み込みが画面に表示されてからというのがデメリット。
そのため、アドセンス広告がなかなか表示されず、収益は激減すると思う。
アンカー広告は可能なので、そこは変わらない。

とりあえず、社員のサイトをAMP化しておいたので、
それでの実験で方針を決めていこう。

--

これくらいはできるようになりたい

プログラムができる自慢になりますが、
アフィリエイターならこれくらいはできないといけない。
デザインのブラッシュアップなど、大事なことができるようになる。

リスティングで必須になる比較検索サイトも作れないので、
攻め幅がかなり狭くなる。

PHP、絶対に勉強しよう。
 
 
※AMP化、間違って解説しているサイトが多いので注意。
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.