ジャンル付けがより専門的になっているので、それを意識。

2017年02月07日  カテゴリ:サイト作成日記

ハイレゾ

初めてハイレゾの曲(アルバム)を買いました。
機材は全てハイレゾ対応なので、一度は聴いてみたかった。
もちろん、PCからはASIOで出力。

記念すべき初ハイレゾは、ジョニー・ウィンターのアルバム。
結果、音は良い。が、これがハイレゾか!?というのは無かった。。
やっぱり、比べてみないとわからない。
一応、高音というよりも、低音の響きが良い気がしました。

今のところは3000円の価値はないと感じます。
ASKAのハイレゾがあれば10万円かかっても全部買いますが・・・

--

しっかし、凄い容量

ハイレゾは1アルバムで約3.5GBでした。
おっそろしいサイズ。128GBのSDカードでも30アルバム程度しか入らない。
パソコンのSSDへの書き込みなら数秒ですが、SDへは泣けるレベル。

やっぱり、時代はこのくらいにならないといけない。

ポメラ(ワープロ)で書きまくっても1GBのSDカードを使いきれない、の図。

--

テキスト改変

ASPによってはテキストの改変は自由なところがあります。
実際には「自由」とは書いていないのですが、担当者に聞くと「自由ですよ!」と。
改変できるASPは助かるので、案件があればそこを使います。

ということで、いろいろテキストを変えてクリック率の向上を目指しています。
某案件、クリック率は20%ほど。
これを50%に持って行きたい。

こういう修正、大事です。

--

基本戦略

「公式HP」は基本的に置いておくとして、
それ以外に2パターンくらい置くのが個人的には良いです。
「キャンペーンページ」とか、「まとめページ」とか。嘘ではない。

いつも書いていることですが、
公式HPを知っている人は「公式HP」ではクリックしないので、
「え、そんなページもあったの?」と思わせることが大事。

あとは、疑問点を全て解決させて、
「よし、公式HPから申し込むか」という気分にさせること。
記事の最後に別の記事に誘導し、とにかく脱出させない。

やれるだけのことはやる、と。

--

やりすぎないことも良いこともある

例えば、特単の適応の際は何らかの施策の提示が必要です。
その時、もうやりきってしまった場合、提示が難しい。
記事も増やせない、誘導もこれ以上は、、SEOで1位だけ?と。

まぁでも、ここは気にしてはいけない。
1位になった時を条件にしてでも、特単を得るチャンスは得たい。

--

さて、誘導大作戦

今日は誘導を中心に記事を修正、追加をしていきます。
あとは、ちょっとしたSEOの実験を。

どうもジャンル付けがより専門的になっています。
これがアンカーテキストか、その他か、さて、と。
ここさえ操作できれば今のSEOは余裕になると思うので、もっと検証しよう。

なんとなく、フリージャンルなサイトを上がらないようにした気がします。
大手メディア対策かな。
いかに狙ったジャンルをGoogleに付けてもらうか、が勝負な今日この頃です。
 
 

※フリージャンルでも、一つ一つのジャンルを攻め切るといいと思う。
 
  

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.