やらないといけないと本気で思う大事さ

2016年10月19日  カテゴリ:サイト作成日記

午前に2記事

簡単な特単案件を貰ったので、
条件となる2記事を作っていました。
単価が高いので売れたら美味しい。

いろいろ調べてみるとお得な商品ということがわかり、
様々な訴求をやってみたくなった。
午後もその案件の記事を作りまくろう。

しかし、特単と通常の単価の差が6倍。
どういうこっちゃ

--

作戦失敗が多い

これなら売れるだろうと、全く関係なさそうなキーワードで1位になって、
そこで売りのページに誘導したりしているのですが、
想像以上に売れない日々が続きます。

誘導は成功し、アフィリリンクもしっかりクリックしてくれている。
にもかかわらず、売れない。
企業側のLPが悪いのか、そもそも買う気が無いのか。

まぁでも、自分も急に知った商品をすぐに買うか?となると、買わないだろう。
ちょっと考えてみて、Amazonとかで調べてみて、

そうなるやろうなぁ・・・

--

買う気満々ワード

当然ながらこちらの方が売れる。
もうアフィリリンクさえクリックさせればOK。

ほぼライバルがいるものですが、誰も狙っていないこともある。
そんなのは見つけ次第に書くものです。
その1記事が年収何十万円にも化ける。

このあたりはリスティングのプロが得意だと思います。
まだまだ自分はその見極めが下手くそなんだろう。
数打ちゃ当たる作戦、というか何も考えていないことが多い。

だからなんかこう、あらゆるジャンルで特単の誘いが来ます。

--

急に知って急に買う

という商品もあるのはあります。
最近、ライバルがいる中でなぜか1位になったキーワードがあり、
「こんなのもあるよ」とアフィリリンクを掲載。

すると、毎日1件以上買ってくれます。
単価は安いのでモスバーガー代にもなりませんが、
モスが半額になったと思えば嬉しい。

月に1、2件と思っていただけに、この売れ行きは驚き。
こういうのもあるので、思いこみで「売れない」とは考えないようにしたい。

--

なんでも書けるサイトを持て

こういう「見つけ次第に書く」をやるには、
どんなジャンルの記事も書けるサイトを持っておきたい。
ブロガーのようなフリージャンルでもいいし、
あらゆるジャンルの総合サイトを作ってもいい。

「最近の記事」としてトップページに表示する仕様の場合は、
ちょっと関係ない記事が続くとユーザーの評価がマイナスになる。
よってそういうサイトではなく、情報サイト的なのが良いと思う。

無料テンプレでは対応できないことが多いので、
自分でテンプレを作れる実力は付けておきたい。
サーバー負荷的には、ドリームウィーバーでHTMLのみサイトを作るのが理想。

HTML、CSS、PHP、正規表現、ワードプレスの関数、
このあたりは覚えておきたい。

--

プログラムの覚え方

これはもう、間違いなく「逆引き」です。
言葉の意味から覚えるような「PHPの教科書」なんてから入ると、まず挫折。
「やりたいことだけ覚える」というのがコツです。

ググって、ソースをコピペ。
この繰り返しでなんとなく覚えて、
それから「逆引き辞典」「PHPの教科書」なんかで理解すると良いと思う。

サイトのデザインを自由自在にできるようになる。
これはかなり重要なことなので、いつかは配布テンプレから卒業しよう。

--

必要と気づけば必死に覚える

「覚えないといけない!」となると、必死になる。
自分の場合、PHPや正規表現はAPIやスパム的なもので覚え、た。。

覚えたら1億円になる!と本気で思ってやっていたのですが、
ちょうどGoogleが対策をしたところで、何の稼ぎにもならず。
いかにペナを回避するか?と必死にSEOを研究し、まぁそれが良かった。

そんなところで、本気で覚えようとすれば、意外とサクサク理解できます。
リーマン時代も、上司「パル君、こんなシステム作って」と、
無知だったエクセルVBAを勉強して一週間で作り上げた。
こういうメチャクチャな上司、大事。

いかに必死になるか?
何事も言える大事なことだと思います。

--

人の気持ちを知るのに必死になる

と、なぜ売れないのか?を必死に考えたい。
これが理解できれば、売り上げ大幅アップ。

難しいけど、やらないといけない。
いや、ならないといけない!・・・と追い込みたい。
 
 
※女性向けに特に弱い。。当然ながら・・・
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.