1日20記事作戦を考える が

2016年01月08日  カテゴリ:サイト作成日記

ダメだ20記事

全く追いついていない。昨日も14記事。
根本的にやり方が間違っているので、
一度考え直さないといけないところです。
悩みすぎ&書きすぎだ。

書きやすいキーワードを見つけていないのだろう。
1記事15分という意識で常にキーワードを見ていきたい。

--

継続できて何ぼ

一日だけ、一回だけ素晴らしい仕事をするのは簡単。
そんな仕事を継続できないと、アフィリエイターとしては厳しい。
20記事も継続できて何ぼです。

何でもネタは尽きてくるものです。
そこで終わる人は三流。より面白くする人が一流。
「だんだんと強くなっているだと!?」という感じが良い。

ここはもう、いかに自分が仕事を見つけてくるか?です。
仕事待ちのリーマンタイプではいけない。
サメのように止まると死ぬと考え、24時間狩りをするのだ。

--

さて、20記事作戦を

まず、何のために記事量産するのかを考えたい。

ジャンルを作る、被リンク確率アップ、サイトを強くする。
そしてアクセスアップ。
もちろん、最終目的は「売る」ですが、そこは意識しなくても売れる。
実際、もう売れているので後はアクセスアップのみだ。

現在はこの意識でやっているので、
関係ない量産はやるべきではない。

「ジャンルを作る」というのは重要です。
どのジャンルを作っていくか?
メインジャンルは作ったので、後はサブジャンル。
何でもできるのですが、どれをやるのが効率的か?

どれから手をつけるかで、また違ってきます。

--

強引に売りに持ってこれるか?

メインを作り終えると、もう関係ないキーワードしか残っていません。
その中から、いかに関連性を見つけるか?です。
実はその中に「甘いキーワード」が潜んでいます。
一つ見つけると10万円。そんな宝探しゲーム。

また、自らの書き方次第で甘いキーワードにすることもできます。
巧妙な誘導、心理作戦で売るような、もはや実力。
無知な人が多いジャンルほど成功しやすい。

なんであれ、相手の気持ちは絶対に考えないといけない。
何を思い検索したのか?この記事を見て何を思うか?
この意識を日々継続して持てるかどうか?

何一つ見逃さない、そんな一流になりたい。

--

決戦はいつでもできる

美味しいキーワードを見つけても、先客が・・・と。
もはやライバルがいないところは無いと言えるので、
書いたら即1位というものはそうそう見つかりません。

そんなライバルに逃げてはいけない。
とりあえず記事を作り、土俵に立つ。
そして、決戦は準備をしてからで良い。
いつでも勝負はできるので、まずは逃げずに立ち向かいたい。

そうして戦っていかないと、
いつまで立っても美味しいキーワードは見つかりません。

ある程度は勝負が必要。
一年後に最終決戦だ!という気持ちで探したい。

--

記事数包囲網

自分はあらゆるロングテールを制覇し、
周りから攻めていくのが好きです。
細かいながらも被リンクを多量に貰い、
サイトを強くしてビッグワードに一気に攻める。

自分が一番恐怖に思う戦略です。
だから、自分がやる。

そんなところなので、一日20記事で攻め続けたい。
何を思いやり続けるか?そこが重要です。

 
 
※結局20記事作戦の結論は無しという
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.