ひたすら知識を付けていくのがアフィリエイター

2015年10月20日  カテゴリ:サイト作成日記

本を買い足し

普通の人なら「ネットで調べる」となるだろうけど、
職業柄ネットの情報は信用できない。
本も著者により言うことが違ってくるので、
複数の本を読んで、おおよそ正しいだろうという知識を付けます。

本を読み切って、さぁ書くぞ!と書きまくったのですが、
途中で疑問に思うことが出てきて、全く書けなくなった。
美容ジャンルは奥が深い。というか人体は不思議。
本を追加20冊っ。

医師や看護師になるほどの詳しい知識はさすがに厳しいですが、
とりあえずは簡単な原因と結果の知識を付けていきたい。
特に最新の知識を。

--

自分の目で見る。

自分の肌での実験もしてみたいので、
定価8万円ほどのマイクロスコープも購入。
なお、業務用は数百万円します。
8万円はしょせん、おもちゃだろう。

子供がいるので、皮膚の比較はしやすい。
いろいろ自分の劣化具合を見て覚えていこう。
そして、男だから少々傷が付いても問題ないので、無茶な実験をしたい。
女性アフィリエイターにはできないことをやらねば。

それで新しい発見とかして、何か貢献できることを夢みて・・・

--

経験で物を言う

中途半端な知識を提供しても勝ち目はない。
毛穴毛穴と言いながら自分の毛穴をまともに見てもない、
そんなアフィリエイターになりたくない。

外観確認は原因追求の基本です。
肌が悪い、そう思ったらまずは外観確認。
それで症状はわかります。そんな「知る姿勢」は大事。

経験上、悪いものばかり見ているとダメ。
良いものも見る。これが何よりも大事。
良いものを知らないと悪いと言い切れません。
ここが経験の差。プロ技といえるところです。

異常とわかれば、専門家に見てもらうのも良い。
より詳しく電子顕微鏡なんかで調べてもらい、
その結果を各種専門家に見せて、見解を貰う。
で、専門家も正しい答えを出すとは限らないので、
最後は自分の経験での判断となる。やはり経験が大事。
本当、素人が経験だけで指摘しまくりますが、おおよそ経験が合ってます。

異常を異常と見ることができる。
これが大事なことです。

--

読む経験

本を読むと、著者の実力を感じます。
最近読んだ本も、根拠もない決めつけばかりする著者がいた。
書いた人を見ると、やはりよくわからん素人。
こんな人の言うことは信用しませんが、考え方は参考にします。

一番良いのは、現役バリバリな権威ある医者や研究者が書いた本。
そこらの素人とは質も説得力も違います。
これは圧倒的な知識の差だと思う。

こうして本を多く読んでいると、
信用できる情報かどうかが経験でわかってきます。
理論的でない、矛盾している、などを感覚で感じ取れるように。

いろいろな書き方、説明の仕方があります。
それを知ることも経験。良いか悪いか感じることも経験。
そうして読者のプロになり、プロの書き手へと繋げていきたい。

おおよそ、ネットで求められているのは本以上の情報です。

--

最高の情報を意識して書く

どこにでも書いてあることを書くのは無意味。
最低でも「こういう考えもあるのかぁ」と思わせたい。
だから、本を読んで覚えるのではない。考えないといけない。

速読なんてダメ。
本を読みながら自分の考えを出し続けることが大事。
そうすると何かしら疑問が出てきます。
その疑問を解決すると、その本以上のことを書けることになる。

全てはその繰り返し。
上を上を目指し、最高の情報を提供し続けていこう。

 
 
※い、いや、まだ口だけです(汗
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.