アフィリエイターは企業よりもユーザーの味方であれ

2015年10月15日  カテゴリ:サイト作成日記

読み切った!

美容系の本を読みまくり、ようやく基礎知識が付きました。
おおよそ書いてあることが同じなので、
繰り返し読まなくても理解はしやすかった。

しかし、どの本も「これが良い」「これは悪い」と言うことがバラバラ。
研究が中途半端なジャンルって適当だな、と思います。

さて、その中で自分はどう言うか?
どれを信じるかは難しい問題ですが、
「これが良いと言われている」程度にしておこう。

--

多くのアフィリサイトは言い切っています。

よくもこんな情報しかないのに言い切るな、と。
某書籍も「アフィリエイトサイトが間違った認識を広めている」と嘆いていました。
そりゃそうだろう。多くの人はお金のためなら他人の不幸なんてっ、と。

それでいて、

A氏「俺、月収8桁(ドヤ」
読者「すごーい!尊敬する!天才!」

という流れになるのでタチが悪い。
恥ずかしくて外を歩けないレベルだと認識したい。

--

さて、あとは記事作成。

ここまで身につけた知識で記事を作りたい。
ただ、これがまたライバルが多い。
日記ブログまでもがライバルになるので、時間がかかりそうだ。

とりあえず100記事は作る。
これは今月中。ネタが豊富な初期段階なので余裕です。
前の日記に書いた通り、スタートとエンディングを仕上げます。
まずは売れる体制にすることが大事。

次に、被リンクを2つ。
これにて、11月上旬には20pv/日にはなるだろう。
そして、リスティングで売れる具合を見てみたい。

このあたりでSEOの分析を行う。
方向性を決めないといけない。
多分、記事の量産に取りかかることになる。
サイトを強くしないことには勝ち目はない。

量産もおおよそ1000記事で飽きてきます。
よって、ここを一段落として区切りたい。

--

できるだけ正しく、役立つ情報を提供したい

そのために必死に勉強する。
自分もお金を出して試してみる。
知識と経験で話せるようにしたい。

あくまでもユーザーの味方。
企業の味方になってはいけないと思います。

そこが個人の強み。
ユーザーから好かれることが生き残る鍵だと考えます。
 
 
※信頼のブランドを作ろう。

 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.