アンカーテキストが最重要なのは今も昔も変わらない

2015年04月26日  カテゴリ:サイト作成日記

みなさんこんばんは。パルです。
さて、今日のSEO、

・・・とあいろんさんの動画良いですね。

こんな綺麗な実況できる才能は凄い。
実況とか解説で食っていけそうな気がします。

あいろんさんのゲーム動画はグロ系が多いのでダメな人は見ないように。

--

もうすぐゴールデンウィーク。
アドセンスの単価もかなり回復してきたので、ゴールデンウィーク明けで完全復活するでしょう。

しかし、なぜかこの4月がアドセンス最高益になりました。
アクセス数の増加によるものですが、これは一時的なもの。
現在は逆に下がっていますので、5月は厳しくなりそうな気がします。

この間に成果報酬系を大幅上乗せしたいところですが、
本当に申し訳ない気持ちのスロット&新しいこと探し中毒で、ほぼ進んでいません。
そして、やりたいことがあり過ぎて、逆に振り出しに戻っている状態です。

何をするにも、高性能なデスクトップパソコンが必須に思えてきましたので、まずはここから、と。
DELLかマウスコンピューターかで迷っています。
どうせなら最高級を、となると80万円くらいかかる。。
DELLのXPS8700程度に落ち着く可能性大。

--

さて、SEOの話しですが、
Googleのタイトル置換えは素晴らしいな、と最近思いました。
どのページも同じタイトルを付けられている場合、アンカーテキストが検索結果のタイトルになります。
普通にそのページが1位になっているので、タイトルタグなんてどうでも良いんだなぁ、と感じています。
基本はアンカーテキストが重要で、タイトルは記事本文と同じような位置付けと思う。

実験で、タイトルタグだけを変更してみましたが、全く順位は変わりません。
逆にロングテールなキーワードを拾ってアクセス数アップしたわ、と。
うん、アンカーテキスト重視。これで間違いない。

よくタイトルが重要と見かけますが、
ブログだとタイトル=アンカーテキストになっているからでしょう。
アンカーテキストを変えると、それはもう影響大です。

よって、内部リンクはしっかりと。今はこれが大事だと思います。

パルどうSEOブログトップへ


コメント

  1. 名前:ruby(旧そなた) :2015/04/27(月) 00:55

    パルさまこんばんは。

    アンカーテキストについて、ちょっと疑問があるんですが、内部リンクをテキストリンクで行う場合、文中に出てくるキーワードにリンクを貼らないと、ピンポイントのテキストでリンクを貼れないような気がしています。

    私のブログの場合内部リンクは他記事紹介の様な形でChromeの拡張機能を使って過去記事へのリンクを貼っていますが、この場合、余計なキーワードがかなり入り込みます。

    自然な形でかつ、的確なキーワードで内部テキストリンクを貼る何か良い方法ってないのかなーと模索中です。

  2. 名前:marsy :2015/04/27(月) 10:48

    パルさん

    こんにちは!

    ゲーム実況動画面白いですよね^^
    ニコ動でアブさん、コジマ店員さん、つわはすさん、パンサル(大将さん、きのさん)の動画を主に見てます!

  3. 名前:パル@管理人 :2015/05/04(月) 21:15

    rubyさんこんばんは!

    自然な形での内部リンクは自分も悩むところです。
    面倒な時は、記事下に謎の内部リンクを入れて済ませます。
    最近はもう、記事名を狙うキーワードにして、普通に関連記事としてリンクしていることが多いです。
    そしたら面白くないタイトルになるので、記事のタイトルタグは記事名とは別に設定しています。

    ruby-logの場合は難しいですね。。
    個別にどんぴしゃのキーワードで内部リンクをしても、
    それが主アンカーテキストになることはないので、弱いです。
    トップページなど主要なページからのリンクは、
    どんぴしゃのアンカーテキストでやる程度になると思います。

    ただ、長いタイトルもロングテールを狙えるなど良い面も多々ありますので、
    無駄が一切ない面白い題名を目指してやると良さそうです。

  4. 名前:パル@管理人 :2015/05/04(月) 21:16

    marsyさんこんばんは!

    ゲーム動画は本当面白いですね。
    でも、今は他人のゲームを見るくらいなら自分でやる、と
    モンハンフロンティアをやるようになってしまいました。。

    自分も、モンハンをやりながらSEOを語る動画を作りたいですw

Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.