アドセンスの最適化に関してあれこれ考えただけの日記

2015年02月08日  カテゴリ:サイト作成日記

成果報酬型広告とアドセンスの併用について。

高単価案件を狙う場合は、基本はアドセンスはやりません。
ただ、クレジットカードのように、
承認率が低く単価もそう高くない案件は、アドセンスを併用しています。

実際のところ、アドセンスのクリック率は多くても2%。
成果報酬型の広告の場合、5%以上はいきます。
で、アドセンスを貼ったとしても、成果報酬型のクリック率は変わらない。

アドセンスの張り方にもよると思いますが、
自分の場合は記事下に貼るのがメインなので、
「記事内容に興味なしorもう用はない」となった人がアドセンスをクリックしている気がします。

記事を読んでいる最中に、広告を踏ませることができれば、
アドセンス併用でのデメリットはそう無いと考えています。

ただ、全く同じ案件の広告が出るのは影響がありそうですが。。

--

このあたりは実験はしていますが、データとしてまとめたことがないので、
一度まとめて、「アドセンス最適化」のコンテンツを作れれば良いなと思います。

おそらく、ruby-logのような張り方で、
記事下のアドセンスを横並び二つにするのが一番収益率が高いと思います。
ただ、このやり方は本題に入るまでが長くなるのが問題。
300文字程度の記事の場合は、ちょっと厳しいかなと思います。

短い文字数バージョンの最適化を考えてみよう。
 
-- 

それにしても、だんだんスマホ向けサイトに慣れてきたのと、
スマホ向け広告が盛んになってきたのか、
PC向けとスマホ向けページの収益率の差がなくなってきた気がします。
時代の変化には敏感でいたい。

いまだにPC向けでしか表示していないサイトが多々ありますが、
いつかは切り替えないといけない・・・。

パルどうSEOブログトップへ


コメント

  1. 名前:ruby(旧そなた) :2015/02/09(月) 00:17

    パル様こんばんは!

    アドセンス最適化は、私もほんとうによくわからないです。

    enjilogというブログをご存知だと思いますけど、あのブログは1PV1円以上のアドセンス収入ということですが、どうやったらそんな値になるのか見当もつかないです。

    ちなみに私の以前のカメラブログも極稀にRPMが1000を超えることはありますが、基本的には300程度です。ニキビ系ブログは平均600くらいはありますが、結局のところ、アドワーズの高単価ジャンルでなければ高い値を出すことは出来ないように思います。

    私のアドセンスの貼り方はenjilogを真似ていますので、貼り方がRPMの差では無いということですよね。

    ではいったい他に何が差となるのか、永遠の課題となりそうです。

  2. 名前:パル@管理人 :2015/02/09(月) 21:05

    rubyさんこんばんは!

    enjilogの1pv1円の記事は当時見ましたが、
    ジャンルによっては当たり前の数値で、逆にジャンルによっては無理難題です。
    かなり釣りな内容の記事なので、あまり気にすることはないです。
    そしてpvというのは全く使えない指標というのもあります。
    とても面白いブログで、一人当たりのpvが5を超えると、まず1pv1円とか無理です。

    ということで、人は人、自分は自分と気にせずやっていきましょう!
    自分なんて、RPM150とかで頑張るサイトばかりですw

Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.