記事の内容に無駄にこりだして、とても非効率に

2015年01月30日  カテゴリ:サイト作成日記

うーーーむ、フリージャンルのサイトは新しいことばかりで疲れる。
簡単に答えだけ書けば良いものの、
無駄にこってしまい、力作が混じるような感じに。
そんなアクセスが期待できない記事に1時間もかけてどうするんだ?と、馬鹿です。

10記事は楽勝ですが、それ以降はやや体力の限界が近づいてきます。
ちょっとこれでは、アドセンスサイトのやり方としては失格。
何かと方向性を変えながら進んでいきたいところです。

アクセスも伸びない

20150130png

コンテンツの充実を図っているので、
最近書いたものはほぼアクセスアップとは無関係になります。
クレジットカードで言うと、有名カードの解説ページを作るような。。

コンテンツの充実は当分できそうにないので、
売りに繋げるページも混ぜながら進めないと収益化にできない。
そっちが「本来の目的」と、初心を忘れずに攻めていこう。

--

なんかこう、最近は変にこだわりが強くなってしまい、
外注もほとんどできないような状態に。
この職人魂みたいなのは、売り上げ向上には邪魔になってしまうと思っています。
本当は指示だけをするような、マネージャー的なものが良いと思います。

・・・といろいろ悩む2015年1月です。

 
 

パルどうSEOブログトップへ


コメント

  1. 名前:ruby(旧そなた) :2015/01/30(金) 22:42

    パルさまこんばんは。

    >簡単に答えだけ書けば良いものの、
    無駄にこってしまい、力作が混じるような感じに。

    これ、結構自分の中での悩みだったりします。

    ユーザーにとって、ほんとうに必要な情報はなんなのか。私はいつも本線の補足的なことを書いているうちに、どんどん文章が本線からずれていって、最後には本線に戻すものの、結局書き終わる頃には2000文字3000文字と、長文になってしまうところが悩みです。

    タイトルには悩みの項目を、本文にはそれを答える文章を。
    このように疑問に答える記事を書こうと心がけていながら、このことも書かないと読み手が理解できないかな?初心者が読んでたらこの専門用語も説明しておかないとわからなくなってしまうかな?と、最後は何もかも盛り込んでしまって、結局本線が見えにくくなります。

    文章力そのものの問題もあるにせよ、要点だけでに書こうとすると、今度は500文字程度になってしまって、さすがに字数が不足でSEOに影響が出るかもしれない・・・って考えてしまいます。

    文字数というのは、本質論ではないのかもしれませんが、一日の作業時間で打てる文字数はだいたい決まっているので、記事数を増やか、もっと掘り下げたわかりやすい記事を書くか、本当に難しいなと思いますね。

    パル様のように専業だったとしても、多分私は1日4記事が限界な気がします。今でも1記事2時間は平気でかかっていますので。。。

  2. 名前:パル@管理人 :2015/01/31(土) 20:43

    rubyさんこんばんは!

    ruby-logのカメラ記事メチャクチャ参考になります!
    そしてとてもわかりやすかったです。
    一眼レフすらよくわからないような自分にとっては、本当に助かります。

    補足はついつい書いてしまいますよね。。
    仕事でも同じでしたが、親切に書いているつもりが、
    逆によくわからなくなったと、よく言われました。
    余計な情報を与えるから混乱して、理解できないのだ、と。
    これはサイトの記事も同じかなと思います。

    最終的にはその補足的な細かい情報も必要になるので、
    概要と補足は分けた方が良いかもしれません。
    でもそうなるとページ分割になってややこしいので、
    そこはサイトならではの難しさかなと思います。。

    SEOとしては500文字もあれば十分なので、
    経験上は500文字の量産に軍配が上がるはずです。
    自分も時間がないリーマンからやっていましたので、
    いかに短い文字数で量産するか?がポイントでした。
    休日の一日に20記事とか書いていたのが大きいです。

    今から考えると、中身の薄い記事でしたが、、
    結果的にその程度で十分だったということですね。。

    rubyさんのようなデジカメの記事は、
    興味があって好きな人が読むと思いますので、
    長いことでのデメリットは少ない気がします。
    なんとも難しいところですが、お互い”コツ”を見つけていきましょう。。

Copyright (c) 2018 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.