パルどう3も更新中

3月のGoogleアップデートについて適当な考察

2019年03月21日  カテゴリ:SEOの話しあれこれ

暑い

急に暖かくなってしまい、ジャンパーを着て外出する失態。
ジャンパーどころか、トレーナーすら要らない。
小学生とかもう半袖。

こうなると、2019年も本番かなという気持ちになります。
絶対、良い年にしよう。

--

SEO

さて、SEOブログと名乗っているからには書かなければならない。
3月のGoogleアルゴリズム変更について。
ただ、まだ分析はできていないので、ハッキリは言えません。
これから書く内容は適当です。

とりあえず、大幅に落ちたサイトは一つのみ。
金融系でかつ、記事数が1000ほどあるサイト。
アクセス数半減レベルです。うわぁ・・・

ただ、全部のキーワードが落ちたわけじゃなく、
けっこう偏っている感じがします。
新しい記事はあまり変化がないのですが、皆さんはどうでしょうか?

これから見るに、健康系のアップデートの症状と似ています。
やはり、ただの「品質ランクのリセット」だろう。
リセットされると、信用ランク、ドメインパワーが強いサイトが上がります。

このサイトは古いサイトなので、昔の品質ランクで勝っていたようなもの。
リセットされると下がることは間違いなかった。

下がって残念ですが、想定済みの動きではあった。
だから、このサイトを捨てて新サイトを作っているのだ、と。

--

新サイトは上がる

同じジャンルでありながら上がっているサイトもあります。
おそらくライバルが死んだので、それで上がっただけ。

このサイトはジャンルは同じですが、
一つのドメインにサイトを多く展開しているので、
Googleからアップデート対象と見られなかった可能性もある。

ただ、サイトが新しいので過去の品質ランクによる優位性はない。
こちらの可能性も十分ある。
どっちかはよくわかりません。

さらにもう一つの同じジャンルのサイトは、大きくは下がっていない。
こちらも新しいからか?とりあえず、新しいサイトは無影響。
となると、やはり過去の品質ランクのリセットか?

ジャンルごとに様子見して、最後に一気にいく作戦と見た。

--

時代は信用ランク

ユーザーの役に立つのは当然。
かつ信用されているサイトが強くなる。
ようは公式サイトが強くなるアルゴリズムです。

Google、昔は個人の新規サイトでも積極的に上位表示しようとしていました。
公開当初は1ページ目にしてくれる優しさがあった時代も。
まぁ、それは失敗だったのだろう。そんな優しさは要らない、と。

逆に上位は固定にする。人気サイトだけで固める。
新しい内容の記事など知らん。どうせゴミだ、と。
この方がユーザーからの評価が高かったのだろう。

しかし、このアルゴリズムは隙がありすぎるので、ブラックSEOの餌食に。
「最近の検索結果はひどい」と不満の声が散見。そう思う。
そこで、今回のアップデートです。

「本当にこのサイトはユーザーに人気なのか?」と再考。
そこで、現在の評価をリセットし、総合的なパワーで順位リセットする。
それでまた上がってくるサイトは本物だろう、と。

こういう感じのアップデートで間違いないと思っています。

--

信用のパワー

定期的に評価をリセットするのも間違いないと思っています。
だから、今回下がったままのサイトは放置で良くなることはない。
根本的な改良が必要です。

そこで、「信用ランク」が重要に。
「Amazonだからクリックした」という信用が大事です。

これからここだけを意識して作っていきます。
検索結果に表示されるタイトルにはサイト名を。
もしくはアクセントとなる表示を。

「このサイトは良かった記憶があるから見てみるか」
「このサイトに行くために検索した」

を量産する。

本当にもう、ここだけの勝負。
ここが成功すればしばらくは安泰。

今までと何が違うのか?ですが、
「人は何度も騙されない」という点を追加したと考えてよし。

--

ファンを増やす

結局のところはここに行き着きます。
会社経営としても一番大事なところ。
サイトも会社と同じです。

ファンが多いサイトを1ページ目に表示する。
この方向性と考えて問題ない。

魅力ある人物になれ。
人望のある、カリスマを目指せ。

というところで、2019年GO。

※現状通り推進です。



パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2019 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.