SEOに良いテンプレート(上がるとは言っていない)

2016年05月04日  カテゴリ:SEOの話しあれこれ

忘れてた

スマホ表示対策として、imgのCSS指定を忘れていました。
やはり、書いた記事はスマホでも確認することが大事です!←

そういえば半年前に書いた売りの記事があったのですが、
作成後に確認すらしておらず文章全部がリンクになっていた。
さすがに未確認はまずい。
書いたら見る。これを徹底しよう。

--

自作テンプレート

以前のテンプレは無料テンプレを改良したものでしたが、
今回は完全自作。
こんな超シンプルなデザインであれば簡単です。
自分で作ったものだけに、修正がとてもしやすいのが良い。

そういえば、「SEOに良いテンプレート」という存在。
何を根拠に良いと言うのか?と、不思議な存在。
万人用のテンプレでSEOに良いテンプレができるはずがない。
ただ、デザイン的・ユーザビリティー的には良いものが多いので、その点は良い。

--

SEOに良くするために

あくまでも自分の考えですが、
次のテンプレが良いかなと思います。

1、noindexにするような無駄なページが無い
2、重複コンテンツになる要素がほぼ無い
3、共通内部リンクが少ない
4、読み込みが早い
5、カテゴリ、タグページを生かしている

自分はこの5つを心掛けています。
無料配布テンプレはこの5つ全てがダメ。
「ワードプレスはSEOに良い」という意味を間違えていると思う。
あれは「何も考えずに作ったサイトよりは良いよ」ということです(多分)。

--

いかに内部リンクをしっかりやるか

前から書いていますが、
「記事名での内部リンクは良くない」というのは基本。
記事名とアンカーテキストを分けるのが一番です。

同じジャンルの記事で相互リンクは必ずやります。
一つの記事が強くなれば、そのジャンル全体が上がるように。
1ドメインでの1位、2位連続表示にもなりやすい。
記事同士の関連付けはしっかりとやりたい。

ページランクの流れと、ジャンル付けの流れ。
ここをしっかりと意識した構造にします。

--

記事名とアンカーテキスト分けるには

やり方はいろいろありますが、
確実なのはカスタムフィールドを使った方法です。
(ワードプレスの場合)

ループ処理にて記事タイトルを表示させるのではなく、
指定のカスタムフィールドを表示させます。
いくらでも増やせるので、思うようにできます。

ここで問題なのが、
狙うキーワードだけのアンカーテキストは不自然という点。
クリック率が下がるのは良くない。

よって、ここをいかに上手くやるか?
というテンプレート作りが重要になってきます。

--

PHPなんか使わない

そう、PHPだから面倒なのです。
HTMLだけなら思うがままにできる。
小さなサイトを作るのであれば、HTMLで十分。
ドリームウィーバーでさくっと作りたい。

効率を上げるためには、正規表現での置換を覚えるのが大事。
IMEの辞書にもタグを登録しまくります。
コピペ用CSS表も作りたい。

これなら、中古ドメインサイトも気楽に作れます。
ワードプレスはいちいち時間がかかりすぎる。

--

まとまりのない話しですが・・・

無料配布テンプレを使っている人は、
改良にておそらくもっと順位を上げられるはず。
要検討です。
 
 
※重要ページからの内部リンクが大事。

 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.