内部SEOでのジャンル付けの話し

2015年04月07日  カテゴリ:SEOの話しあれこれ

ぼちぼち続けているこのパルどうSEOブログ。
完全なる趣味ブログですが、おかげさまで楽しい会話をできる方々が増えて嬉しい限りです。

・・・が、全くSEOっぽいことを書いていないので、焦り気味。

--

SEO、今は「内部SEO>>外部SEO」。
この差は今後も開いていくと思います。

いろいろ評価方法が変わっていっていますが、
あまり変わらないのは「ジャンル付け」かなと思います。
ここは本当にしっかりやりたい。

例えば、次のアンカーテキスト比率の場合。

「SEOブログ」:99個
「SEO日記」:1個

そのページの主ジャンルはなんですか?
・・・それはもちろん「SEOブログ」。

では、副ジャンルは?
・・・これがそう単純ではない。

1個の「SEO日記」のアンカーテキストではジャンルとしては登録されないと思います。
よって、こんなアンカーテキストの分散は無意味と考えます。

ジャンル付けはアンカーテキストだけではなく、
そのリンク元ページのジャンルも渡ります。

よって、このパルどうSEOブログは「サイト作成日記」というジャンルの記事が多いため、
「SEO日記」でも3ページ目に入っています。
※「サイト」「作成」「日記」というジャンルが渡る。ただ、少しだけ。

「記事タイトル」と「コンテンツ内容」についてですが、
こちらはジャンルというよりも「内容の一致」として使われていそうです。
最近は、どんぴしゃワードじゃなくても問題ない気がしてきました。

で、あとは「関連語」もジャンルとして登録されています。
アンカーテキストも記事名も全く使ってない言葉で1位になるのは、これしかない。
ただこれは、どう登録しているのか特定はできていません。
関連語はロングテール的な上位表示になるので、気にしなくてもいいでしょう。
Googleに任せます。

というところで、一番重要なのはアンカーテキスト。
次に重要なのが、リンク元のジャンル。
あくまでもジャンル決めなので、数が多ければ強くなるというものではないので注意。
なんとなく、ある点数を超えるとジャンルが登録されると思っています。
よって、ジャンルの登録が多いほどいろいろなキーワードで有利。
「18歳」でYahoo!Japanが1位になるように。

このあたりを意識して内部SEOをやれば、
上位表示もロングテールも効率よくできると思います。

--

内部だけでは上位表示は難しいので、
最終的には被リンク勝負になってきます。

あまりこだわり過ぎず、7割の出来にして、自然なリンクを貰うことに注力したい。
 
 

パルどうSEOブログトップへ


コメント

  1. 名前:marsy :2015/04/07(火) 22:58

    パルさん、こんばんは!

    こちらこそ、楽しく会話させてもらったりアドバイスをいただいたりと感謝してます。

    アンカー広告は是非とも審査通ってほしいと思ってます。
    結果また報告しますね!

    今回は、内部SEOについて記事にしていただきありがとうございます!

    やはりカテゴリーやアンカーテキストによるジャンル付けをしっかりして、そこへのリンクへ内部リンクを集中させたほうがいいんですねー

    グローバルメニューは10リンク以下なので、利便性を考えてそのままにしておきたいと思います。

    ですが、カテゴリーページ内のアンカーテキストが記事名なのでこれはどうにかしないといけないですね><
    変更する場合は、ロングテールを狙うキーワードは含まずに本当に狙っているビッグキードだけに絞ったほうがいいのでしょうか?

    話は変わってしまいますが、

    最近、某アドネットワークから広告掲載のお誘いのメールをいただきました。
    2週間のテスト配信期間を設けた後、単価固定化をお願いしたいと思っていてテスト掲載しているところです。

    ・ファーストビューにレクタングル中
    ・アンカー広告
    ・記事最下部にレクタングル中

    をテスト掲載していますが、ファーストビューのレクタングル中は、ページレイアウトアルゴリズムやパンダアップデートに引っかかって順位低下を招く可能性はありますでしょうか?

  2. 名前:ruby(旧そなた) :2015/04/07(火) 23:01

    パルさまこんばんは。

    結局rubylogに各ジャンルの記事を集約してみるという実験を再び再開(3度目の正直?)しましたが、ジャンルに関してはある程度徹底して見ようかと思っています。

    今回のパル様の記事で書かれているように、ジャンルに対する内部リンクってやつも意識してみようと思います。といっても内部リンクに関する知識は殆ど持ち合わせていないので、完全に手探り状態ですが(汗)

    とりあえず相変わらず圧倒的な記事不足なので、まずは記事の追加を心がけてみようと思います。

    あと、一つこれも実験というか練習なのですが、私のブログ記事って「無駄」に長い気がしています。余計な専門知識が多いというか。結果として1記事書いたらもうげっそり疲れてしまってますし。

    なので、今は1000文字を超えずにいかに面白役立つ記事を書けるか、これをしばらく続けていこうと思います。そうすれば自然と記事数も増えるでしょうから。

  3. 名前:パル@管理人 :2015/04/09(木) 21:54

    marsyさんこんばんは!

    アドバイスは参考になれば嬉しいです。
    楽しくアフィリエイトをやっていきましょう!

    ジャンルについては、
    複合語を狙う時は適当でも問題なかったりするのですが、
    単語を狙う時はかなり重要になってきます。
    意識しないと1位にするのは難しいので、実は理解できれば楽だったりします。

    自分はワードプレスを使っているのですが、
    記事名は基本、ほぼ狙うキーワードのみにします。
    そして、タイトルタグのみクリックしてもらえそうな名前に変更するようにしています。
    こうすると、ジャンル付けはかなりやりやすいと思います。

    >ロングテールを狙うキーワードは含まずに
    >本当に狙っているビッグキードだけに絞ったほうがいいのでしょうか?

    この質問ですが、基本は狙うキーワードだけにするのが良いです。
    (とは言っても、さすがに「の」「と」などの接続詞は入れましょう)

    でも、絶対にというわけではなく、ケースバイケースでもあります。
    狙うキーワードが関連ワードに近いのであれば、含めています。

    --

    広告について、
    ファーストビューのレクタングル中は、パンダは問題ないですが、
    ページレイアウトアルゴリズム?は影響あるかもしれません。
    ここは実験をしたことがないので、影響力は不明です。

    ただ、Googleアドセンスの場合、
    スマホページのファーストビューにレクタングル中はNGだった気がします。
    SEO的には影響無さそうな気はしますが、止めた方が無難です。。

    あまり広告広告なサイトだと、被リンクを貰えず、
    結果的に損するような形になる恐れがあります。
    1位を維持するには自然なリンクが必須でもありますので、
    収益よりも1位の維持を意識してやっていくと、何事も良い方向に行くはずです。

  4. 名前:パル@管理人 :2015/04/09(木) 22:05

    rubyさんこんばんは!

    ジャンルだけですぐ1位というわけにはいきませんが、
    少ない被リンクで1位になれる可能性があるので、是非チャレンジしてみてください!

    ジャンルは内部リンクでのジャンル付けと、
    外部リンクでのジャンル付けがあると思います。
    さらにGoogleのジャンル付けもあるので、実際には奥が深い。。
    とりあえず、自分がメールで言ったことを大事にして、あとは応用で実践を!

    rubyさんの記事は、長いとは感じず、
    もう少し深堀しても良いかなと思っています。
    どうせなら、保存版のような記事にすると良いなぁ、と。。
    保存版を中心として、補足のような詳細記事を固める、と。
    自分ならカメラブログはそうすると思います。

    ・・・お、おっとruby-logでした(汗

    中途半端な記事を書くか、
    小さな一つのことを完璧に書くか、となると後者です。
    SEOであれば、後者の300字の記事量産が絶対に良いです。
    疑問→回答→補足。これは記事の基本で、おおよそ300字でできます。
    長くなりそうならば、公式HPなど外部リンクで飛ばしていきましょう!

  5. 名前:marsy :2015/04/10(金) 16:17

    パルさん

    返信コメありがとうございます!

    >記事名は基本、ほぼ狙うキーワードのみにします。
    >そして、タイトルタグのみクリックしてもらえそうな名前に変更

    内部的タイトルは狙うキーワードのみにして、
    検索結果や表示上のタイトルはクリックしてもらえそうな名前に変更ということでしょうか?

    「内部的タイトル」と「表示上のタイトル」はどのように分けているのでしょうか?
    私もwordpressを使っていますが、何かのプラグインでしょうか?

    P.S

    コメント内で詳細なやりとりというのもあれなので、
    今後、私もパルさんとメールでやりとりさせていただきたいのですが、可能でしょうか?
    よろしければお願いします!

  6. 名前:パル@管理人 :2015/04/10(金) 20:43

    marsyさんこんばんは!

    タイトルの変更は定番プラグインの「All In One SEO Pack」を使っています。
    自力でPHPでやってもできるのですが、プラグインが楽です。

    やり方としてはmarsyさんの言う通り、
    内部的なタイトルと、検索結果に表示されるタイトルを分けるものです。
    これだとジャンルを正しく付けつつ、最高のタイトルで釣ることができます。
    ちょっとした裏技です。

    メールはOKです!
    ただ、このサイト上に自分のメルアドを出したくないので、
    掲示板にてメルアド付きのレスをください。
    そのメルアドにメールいたします。

  7. […] というジャンルの記事が多いため、 「SEO日記」でも3ページ目に入っています。 ただ、少しだけです。 [紹介元] 内部SEOでのジャンル付けの話し – パルどうSEOブログ […]

Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.