パルどう3の方を積極的に更新中

評価されるリンクとは?を説明~基礎偏~

2014年11月24日  カテゴリ:SEOの話しあれこれ

評価されるリンクとは?

これを知らないとなにをやっても無駄という。
常識的ものを一つを紹介。

※もちろん根拠はないので全て推測です。

--

まずGoogleはそのページのコンテンツ部分と共通部分とは区別します。
そのサイトの全ページのソースを見て、
タグ内が変わっている部分とそうでない部分を分ける。
ページごとに中身が変わるタグをコンテンツと判断。
ここはマットカッツ氏のブログのソースを参考にしよう。

ページごとの評価はそのコンテンツの内容となる。
よって、評価が高いコンテンツからのリンクは特に有効。

フッターやサイドバーリンクはあまり評価されない。
中古ドメインの場合、これらのリンクは避けるべきと考えます。
バックリンクとして数えてはいけない。

--

よって、自作自演リンクをする場合はコンテンツ内にリンクする。
さらに言うと、評価が高いコンテンツからリンクする。
リンクはページランクと評価が渡るので、
低評価のコンテンツからはページランクは渡るが低評価も渡る。
ただ、ページランクはマイナス補正されてゼロになることも。
マイナス評価だけが渡る仕組みになり、ペンギンさんいらっしゃい(死)、と。

ここも中古ドメインでのバックリンクと数えてはいけない。

--

さて、ではどんなリンクが有効なのか?
それは次の通り、

1、外部からの評価が上がり続けている記事でかつ、
2、その記事が内部リンクでも評価が上がり続けていて、
3、コンテンツ内にリンクをしてくれている。

このリンクは完璧です。
中古ドメインを選ぶ際も、自作自演リンクもこの通りやります。
2、3は自分でコントロールできますが、
1は自然なリンクなどが必要で、そう簡単にはできない。

こんなリンク一つあれば、どんなジャンルでも戦えます。
低評価を渡すことなく、高評価のみを渡す。
これが今のSEO。

--

外注記事だけで高評価にできるか?
アフィリエイターはこのスキルが特に重要になってきます。

今までは数の勝負となる理不尽なSEOでしたが、
ようやく面白くなってきた。

間違いない。SEOは終わらない。



パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2018 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.