アフィリエイトはなぜ読書が大事なのか?

2017年04月12日  カテゴリ:アフィリエイト

メダカの季節

庭の睡蓮鉢、
水温が上がり、いつでも姿を見られるようになりました。
数えてみたら、10匹。

元々は5匹、死んだり増えたりで永久ループ状態。
これだからメダカ科の飼育は大変です。
グッピーなんかも、一度飼うと止められない。

熱帯魚はもう飼うことはないだろう。
どこにも行けなくなる。

10代によく旅をしていましたが、
水槽の世話のためにちょくちょく実家に帰るほどに。

--

読書

小学生の頃から自発的に熱帯魚を飼っていました。
元々魚が好きで、釣りができない冬に水槽をやろうと。
最初はまぁ、死なせまくりです。

となると勉強するしかない。
インターネットなんて無いに等しい時代なので、
図書館で借りたり、雑誌を毎月買ったり。

その頃から、ひたすらに本を読む癖ができた。
アフィリエイトに通じるところがあります。

そして外部式フィルターを改造して連結させたり・・・(ネタに走る

--

読みあさるのは大事

どんなジャンルでも、攻める時は本を大量に読みます。
知識付けになるのはもちろん、
特に意識したいのが、

「おおよそこんなことを言うと受け入れられるのだな」

と理解することです。

たとえば、ベストセラーのビジネス本があるとする。
そこに書いてある考え方は、そう間違っていないことになります。
そんなの大量に読んで、自分の中でまとめる。

大衆の心理を得る意識です。

--

自信を持てる

世の中はおおよそこんな考えがあり、
自分の考えはおおよそこの位置になるな、と。
こういった全体像の把握は大事です。

商品説明でも同じ。
このジャンルの全体像を示し、次に商品の位置づけを示す。
高級品なのか、安物なのか、人気かマイナーか、
そのあたりを知らないと人間は安心できないものです。

これ、記事に強く現れます。

--

何が良いか悪いか

ここを知るには全体像の把握しかない。
こういうのは相対的な評価です。
無知の絶対評価ほど愚かなものはない。

多くの経験、広い視野、その自信による失敗、
他人と比べるのは良くないという風潮ですが、基本は相対です。
比べないのは逃げでしかない。
 
言い訳なんて何の意味もない。
それが勝負の世界、です。
 
 
※全体を知る意識で過ごすと、アフィリエイトはレベルアップするはずです。
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.