初心者がこれからアドセンスで攻める場合の考え方とか

2016年08月08日  カテゴリ:アフィリエイト

今日からお盆休みです。

14日まで更新しません。
というか最近のサボり&盆休みで8月手抜きっ。
なんかこう、ゆっくり日記を書く時間がなかった。

盆休みもポメラを持って行って書きまくるので、
帰ってからまとめてアップするかもしれない。

なんかもう、
ここまで日記を続けたら「飽きる」ということがない。

--

ジャンルの選び方

相談のメールをいただきましたので、
日記にても書こうかなと思います。

悩みとしては、

・どのキーワードもライバルがいる
・マイナー過ぎるのは検索回数が少なすぎる

といった感じです。

アドセンスで攻める場合は悩むところです。
自分のような専業アドセンサーが占領していたりと、
なかなか初心者には「難しく感じる」。

どうやって攻めるのが良いか?

--

まず基本として、

キーワードプランナーはGoogleの検索回数です。
Yahooは別なので、実質は数値を2倍して考えます。
月に200回台でも、日に10回は検索されるので美味しい。

あと、キーワードプランナーは昔と違い全部のキーワードが出ません。
よって、サジェストツールの活用も必須です。

キーワードツールの上位はほぼライバルがいますが、
サジェストはそうでもない。
まだまだ攻め放題です。

まだ余裕でいける状態なので、やる気があれば専業になれる。

--

どんなキーワードがいいか

やはり、ジャンルを絞って攻めるのが一番です。
例えば「原因」というキーワードを集中して狙う。
そうすれば、自然と「原因」というジャンルが出来上がります。

まぁ、こんなキーワードはライバル多すぎなので、
もっとマイナーなジャンルで攻めるのが基本。
なんでもいいので、まずはジャンルを持ちたい。

そうしてニッチなジャンルで1位表示になれば、
少ないながらも被リンクをもらい、ページランクが上昇。
次第に品質ランクも上がっていき、ドメインパワーがついてきます。

ただ、まだこの段階では稼げない。
これを土台にして、次へステップアップする感じです。

--

社員のサイトの攻め方

典型的なアドセンスサイトです。
先ほどはジャンルを持つ、と偉そうに言ったにもかかわらず、
全くジャンルを持たないフリージャンル。

甘いキーワードを見つけては追加する、まぁ、ネタ紹介的なサイトです。
ここはもう、完全なる数の暴力。(というか練習としてとにかく書け的な・・・
約700記事で日に1200pv程度という、超非効率。

20160808

開設一年。アドセンスサイトはこんなものです。

自演リンクをしてこれなので、初心者にはなかなか辛い攻め方と言える。
ドメインパワーが強くなれば一気にpvアップするのですが、
まだまだ被リンク獲得力が弱く、記事の質に問題ありなところです。

このサイトの戦略としては、「ネタ紹介サイト」としての定番になり、
その「定番」ということで被リンクをたくさん得ろうという作戦。
さすがにこのサイトは紹介しとかないといけないだろ、というレベルにします。

競馬いうと追い込み、晩成、といった戦略。
こういう攻め方もある。

--

一番大事なのは

ライバルよりも良い記事を書けるかどうかです。
どのサイトを紹介するか?となると、
1位のサイトではなく、一番「良い」と感じたサイトです。

だから、結果的に記事が良ければ1位になれる。
アドセンスの攻め方としてはこれが基本。
ライバルより劣る記事なら書いても無駄です。

・よりわかりやすく
・より疑問を解決
・より恥ずかしくなく

そんなところを意識して書き続ければ、まずアドセンスは成功する。
専門ジャンルなら知識が重要ですが、
多くのキーワードを攻めるアドセンスなら「問題解決能力」が大事。

いかにユーザーの疑問を解決させるか?
知識は必要なく、自力で調べて素晴らしい内容に仕上げる力。
ライバルの記事を見て、「あぁ、つまらん。俺が書く!」というような。

よって、ライバルが多いキーワードでも、
ライバルの記事の質が低ければ勝ち目はあります。

自分はそこを最重視して見極めます。

--

ある意味、正義になる気持ちで

悪いやつをやっつける!
そんな気持ちでやり続けるのがアドセンスかなと思います。
成果報酬でも、詐欺サイトを抜かして皆を助ける!と。

正義のために自演リンクをする、
正義のためにキーワードを制覇する、
正義のために、

と、そういうモチベーションでやり続けていくと、
いつか成果は出てきます。

自分の正義を信じる力を!

 
※初心者ほど、お金を目的にしてはいけない。
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.