映画から学ぶアフィリエイトのコツ

2016年05月25日  カテゴリ:アフィリエイト

やる気と仕事量

アフィリエイトは自由なので、
やる気次第で仕事量が大きく変わってきます。
特にストレスは大敵。イライラしたら何も手に付かない。

・・・ということで、午前中は前から見たかった映画を。。

あいろんさんの動画で「ナショナルトレジャー」続編があることを知り、
ブルーレイを借りておきながらまだ見てなかった。

感想としては、いまいち盛り上がりに欠けた。
なんかこう、想定外の展開が全く無いというか後半の手抜きというか。。
レビューは見ていないけど、評価は低そうだ。

--

見て楽しむ

アメリカの映画はそれが上手かなと思います。
日本の映画は聞いて楽しむ、と疲れる。
女優との無駄な会話とか、無理矢理1000文字にするような。

これはWEBサイトも同じかなと思います。
自分もそうですが、日本人は文字と言葉で説明したがる癖があると思う。
「読んでくれるもの」という気持ちが強い。理解しろ!と。

ナショナルトレジャー2は無駄な会話はほとんどなかった。
そして、会話はアメリカ人らしくジェスチャー、リアクションが豊富。
日本人はそれと比較してみると、地味なものです。

このあたりの楽しませ方はアフィリエイトにかなり役立ちます。
作り手の狙いを意識して見るのは面白い。

好きじゃなくても楽しめる。これが洋画の強さ。それをアフィリにも。

--

センスがいる

言葉や文字での説明は簡単です。
知識さえあれば誰にでもできる。

それに比べ図表というのは想像力や発想力が大事。
どういう図にしたら伝わるのか?
この1000文字分の説明を図にするには?と。

これはもう、経験により鍛えていくしかない。
できない人はいつまで経ってもできない。

センスないから、と逃げていてはいつしか土俵外だ。

--

最後は戦い

いかに見て楽しませるか?
その勝負になってくる。

資金力、人材力、勝ち抜きによるライバル撃退、
映画やゲームではまさにそんなところだと思う。

Youtubeにおいても、ただ固定画面で話すレビュー動画よりも、
わかりやすい説明動画がふんだんに使われている方が良い。

海外のレビュー動画は参考になります。
特に、話す男性がかっこいい。リアクションも自然。
自信満々で話すあの態度、日本人にはできないなと思います。

映像編集もプロ並。
日本のユーチューバーはまだレベルが低い。
まだまだ新規参入のチャンスはあると思います。

--

世界レベルで戦う

最近、そう思うようになりました。
日本レベルは甘え、と。

アメリカのサイトはレベルが高すぎる。
さすが英語圏で勝ち抜いているだけある。
スパムのレベルも桁違い。
 
言語は日本語であっても、
世界に誇れるWEBサイトを作りたい。

そんな雲の上のような目標を意識して作っていこう。
 
 
※そんなことより仕事しろ
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.