目指せ1000記事なアフィリエイトのススメ

2015年12月22日  カテゴリ:アフィリエイト

1000記事

1000記事あれば、そこそこ稼げます。
カメラブログも目指せ1000記事なのですが、
こちらはネタが尽きないので余裕です。

基本的にはネタが尽きるということは無い。
関連性を考えると、ネタは増え続ける一方です。

--

ネタ切れじゃない飽きたのだ

たとえば、一つのコンプレックス系商品を紹介するサイトの場合。
自分の勉強がてら、「原因」「対策」「おすすめ」「レビュー」など、
誰もが思いつくコンテンツを作ることが多い。
最初のサイトはそんな感じですが、次のサイトからは省略です。

これらを作りきったら、ネタが無いと悩む人が多いだろう。
ただ、実際にはキーワードツールでいくらでも見つかるし、
サジェストツールまで使えばヨリドリミドリ。
同じような記事を作るのに飽きたということです。

飽きたものは仕方ない。
自分もそんな時も多々あるので、違うことをやります。

--

飽きても放置はしない

一度飽きて放置してしまうと、なかなか戻ってこれません。
どうでもいいサイトに思えてしまい、今までの苦労が水の泡。
放置せず、新しいコンテンツを追加したい。

おすすめなのは、Q&Aサイトを見ることです。
こちらは世に存在するほとんどの疑問を知ることができます。
人はどんな疑問をいだき、どんな回答をされているのか?
ここをずーーと見ていると、需要がよくわかってきます。

まだコンテンツにしていない内容も多々見つかるので、
Q&Aサイトを参考にしながら記事にしていく。
そしてまた「関連の質問」が良いもので、ネタが尽きません。

自分の記事をQ&Aサイトの質問・回答よりも良い内容にする。
これを繰り返すだけで、あっと言う間に1000記事はいくだろう。

自分で考えては思い浮かぶのに時間がかかります。
パクリ上等。見てパクって良くする工事をしていこう。

--

一度は1000記事くらいのサイトを作ってみよう

もちろん、パンダに引っかかるような内容ではダメ。
プログラム量産でいくらでもやっていますが、
どうでもいい内容で1000記事作っても無駄です。

作るからには、他のサイトに負けていない内容で1000記事。
そのためには、広く浅くの内容では厳しい。
超狭く超深く、そんなピンポイントな記事を量産したい。
リンクを貰える内容か?を常に意識して記事を作る。

1000記事を無駄したら泣けます。
やるからには徹底的にやりたい。

--

強いサイトができると自信ができる

一つ強いサイトを持つと、SEOとしてはかなり有利。
何書いても上位表示。甘いキーワード発見→即収益です。
そのためには、「多くの記事に多くの被リンク」が大事。
ツイッターでも毎日紹介されるくらいのサイトを作りたい。

騙されたと思って、是非1000記事を目指してみてください。
 
  
※一つのドメイン内で良いので、意外と楽。

 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.