アフィリエイト記事作成で大事な「心」の話し

2015年11月27日  カテゴリ:アフィリエイト

雇われの勘違い

今日、外出用事の時間の間にUFOキャッチャーを。
いつもとは違う店なので、かなり損しながらも取りまくる。
明らかに使いすぎでお店は儲かっているのに、
責任者らしき社員は嫌な顔ばかり。超不機嫌。

自分で商売したらこんな態度は絶対にしない。
大手企業のリーマンならではと思います。

バイトの子は「凄い取ってますね!」と言ってくれるが、
使った金額を言うと「それは使いすぎですね(汗」と。
こちらはもう、パチンコで負けた気分で練習です。
儲けさせているのだから楽しくやらせてほしい。

<今日の驚き>

まさか持ち上げるとは・・・

--

心は表れる

大勢が同じテーマの記事を書く場合、
「知識の差」と「心の差」が大きく表れます。
特に心の差は大きい。

1、管理人の心
2、ユーザーの心

この二つがぶつかり合うのが記事。
会議でプレゼンするような雰囲気を考えたい。
心があれば、何を書くにもスラスラ書けます(内容は置いといて)。
書くのが苦手な人は心が無いのだと思います。

書籍丸写し記事は心の無さの典型的。
自分の心が無ければ、相手の心を読むなんてことも無いだろう。

--

心はそう簡単には動かない。

一方的に自分の心を伝えても、受け入れられる確率は低い。
「これがおすすめ!」なんて書いても売れることは少ない。
ユーザーの心を読み、サポートすることが売りの基本です。
プレゼンも、出席者の性格や考え方を知ることが重要となる。

上手く心を読み解き、ユーザーの求めていたことを与える。
そのユーザーが満足した状態で、それとは違った心を伝える。
一つの心を満足にしないと、次に移れないものです。

まずは相手を満足させる。
そこを第一に考えたい。

--

ユーザーの心

心には要求と疑問があります。
「カメラが欲しい」という要求と、「どのカメラが良いのか?」という疑問。
疑問が無くならないと買うことは無い。

よって、ユーザーの心から疑問を取り去るのが記事の役目。
「こんなカメラもあるよ!」と言ってばかりじゃ永遠に買ってくれない。

記事は次を意識したい。

1、最初からある疑問を解決させる
2、記事から生まれる疑問を解決させる。
3、広告をクリックさせる。

この流れは自分の中では基本です。
疑問は絶え間なく生まれるものなので、
とりあえず最後に「次の行動で買える」という状態にしたい。

アフィリエイトに慣れていないと、
どうしても3の「広告をクリックさせる」ばかり意識しがちです。
クリックさせる前に「本当に今は購入できる心か?」と考えたい。

クッキー効果で発生はしますが、それ頼りでは弱いです。

--

「好き」は強い

自分が好きなジャンルだと、悩むポイントなどがわかるので、
かなり記事は書きやすいと言えます。
知識じゃなく「疑問がわかる」というのが強い。

知識が無い状態でユーザーの疑問を考えても無駄だろう。
疑問もわからず、解決方法もわからない。
とりあえず「おすすめ!」と書くことしかできない。

--

ただ一つの記事を書くにしても、考えることは多々あります。
一つ一つの行動に理由があり、説明できるようになる。
それを意識して1文1文書いていきたい。

 
 
※記事が長くなる人は、不必要な疑問を与え過ぎていると思います。
 
 
 

パルどうSEOブログトップへ


コメント

  1. 名前:だいちゃん :2015/11/29(日) 16:36

    パル先生、こんにちは。

    UFOキャッチャーでお金を使って取りまくってるのに嫌な顔されるのは失礼ですね・・・。
    それも責任者なら尚更の事。
    バイトの子を見習って欲しい。

    ゲーセン業界も厳しい状況だと思うのですが、この様な管理者がいるのでは先が危ないですね。

    _ _

    記事の書き方とても勉強になります。

    私の場合は、確かに広告をクリックさせる事ばかり考えているような気がします。
    いや、そうでしょう。

    先日パル先生からメールでアドバイスを頂き、それ以降ここ数日は今まで書いた記事(アクセスが多い記事から)を修正ばかりしています。

    ただ、ほんと記事が長くなってしまいます。
    パル先生の、作る記事を見ると文字数が少ないですよね。
    まだまだ勉強が足りませんね。

    少しでも相手を満足させられるよう考えながら記事を作りたいと思います。

    いつも、ご指導ありがとうございます。

    お疲れ様です。

  2. 名前:パル@管理人 :2015/11/30(月) 14:25

    だいちゃんさまこんにちは!

    この業界に接客を求めるのはどうか?という問題もありますが、
    今どきは昔のパチンコ屋のようじゃダメだと思いますね。。
    やはりこう、よく遊んで良いとこ悪いとこを学ばないといけない。

    --

    自分もクリック目当てな記事はいくらでもありますが、
    完全クッキー目当ての作業記事です。
    それでも専業になれるくらいは稼げるものですが、
    まずは「正攻法」をやっていきましょう。

    自分はこの日記以外は短文が多いです。
    あまり絵も図も使わないので、1000文字を超える記事はさすがに読まれない。
    そのあたりも考えています。

    だいちゃんさまはやはり、
    「これを売りたい!」という気持ちが記事に強く表れています。
    最後に売りで終わる場合は典型的ですw

    自然に書くと、途中に公式HPのリンクになります。
    その「自然な感じ」も是非意識してみてください!

Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.