アフィリエイトサイトのアドワーズ出稿についてOK・NGを聞いてみた

2015年11月20日  カテゴリ:アフィリエイト

アドワーズ

ポリシー違反についてGoogleに相談してみました。
結果、「アフィリサイトはかなり厳しい」とのこと。
常識なのかもしれませんが、アドワーズは詳しくないもので。。
ただ、今まで問題ないことも多かったので、謎は残ります。

ネットで調べてみたところ、
「ユーザーが選ぶ目的のサイト」ならアフィリサイトでもOKのようだ。
確かに、アドワーズのアフィリサイトは比較検索サイトばかり。
やるならこれになるだろう。

※これはGoogleの回答ではなく、他アフィリエイターの回答。
 Googleは「難しい判断」と言っていました。

--

具体的には「結果的に外部サイトへ誘導するサイト」はNGとのこと。

それがいくらアフィリリンクじゃなくても、
ユーザーを外部サイトに飛ばすこと自体が問題だ、と。

よって、次の二つならほぼOKとのこと。

1、自社商品をサイト内で売る。
2、サイトに外部リンクが一つも無く、有益な情報を提供。

2は意外だった。
自分のサイトだけを見てもらう「pv集め」が目的ならほぼOKと返事をいただいた。
ただ、答えに困っていたので、ルール的にはNGではないというものだろう。
被リンク目的の出稿には十分使える。1pv1円なら安いもの。

「基本は自社商品の宣伝に使ってほしいのです」

Googleの人は言っていました。
これを基本として考えていこう。

pv集め目的は喜ばれはしないと思う。
「ビジネスとして意味がある」ことが重要になるだろう。

--

外部リンク無しアフィリを・・・・

と考えてしまうのがアフィリエイター。
もちろん、アドセンスも外部リンクなのでNGと思います。
では、「詳しくは○○で検索してください」はどうか?
これも誘導には変わりないのでNGだろう。

ただ、誘導じゃない外部リンクは問題ないと思う。
例えば、テンプレート元のリンクをフッダーに表示とか。
ツイッターのフォローよろしく程度も大丈夫そう。
ここはもう、挑戦あるのみ。

「とりあえずやってみてください。」
「修正対応くださればアカウント強制停止には滅多になりません」

ということなので、どんどん攻めたい。

--

最初に戻り、

有益に使えそうなのは、

1、pvアップ
2、知名度アップ
3、被リンク確率アップ
4、自社商品のステマ
5、経費の荒使い

例えば、拡散狙いで急上昇キーワードに出稿して1位表示させる。
数万円の出費にはなるが、拡散力としては強いだろう。
ただ、ビジネスとしては成り立っていない。
収益の仕組みが全くない怪しいものは、いずれNGとなる恐れがある。

どうにか「pv集め=ビジネス」にする必要がある。
さもないと、Googleから完全OKは貰えそうにない。
ネット情報だと無料メルマガ登録や無料情報商材もNGの模様。

うーーむ。。

--

自分の商品を売るのが簡単か

例えば、自費出版書籍の販売。
これならアドワーズ的に全く問題がない。
「参考情報」として外部リンクができるだろう。
あくまでも書籍の売りが主。誘導ではない。

写真の販売なんかも気楽そうだ。
別に売れなくても良い。
「1万円 返金可」とかにすれば良い。
シェアウェアでも良いだろう。

--

さて、具体的に考えてみよう。

例えば、アフィリ広告として「レンタルサーバー」を売るとする。
出稿する記事内容は「猫写真素材集の販売」とする。
販売価格は1000円。

記事の内容は「こんな猫写真が1000枚!ロイヤリティーフリー!1000円だよ!」。
記事下に「高解像度写真を掲載する場合は高性能レンタルサーバーの使用が必須」と。
こんな感じなら問題なさそうだ。

売るにしては無理がある例えですが、
上手いことやれば堂々とリスティングアフィリエイトができます。

--

でもほどほどにして

アフィリエイトの基本はSEO。
1位取れば良いだけのことです。
楽して稼ぐことは必死に考えず、ちょっと横に置いておく程度にしよう。

 
 
※外部リンク無しサイトで申請はしてみます。

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.