訴求ネタに困らず甘いキーワードを見つけるために

2015年11月18日  カテゴリ:アフィリエイト

転売yer

価値が出ると定価以上になるのが世の中。
安く仕入れて高く売るのは商売の基本ですが、
普通に売られている物の買い占めは迷惑でしかない。
お店も客も誰も喜ばない愚かな行為っっ(高く買いました

お金を出せば買えるという仕組みは一部の人には良いですが、、
い、いや、買うから悪いのか(汗

--

安い値段は数に限りがある

これは通販の鉄則。
価格.comでの価格推移を見ていればよくわかります。
例えば、発売から1年で売れなくなる商品の場合、

発売前:どの店もほぼ定価
発売直後:わずかな値引きで横並び
発売数ヶ月:値下げ競争に勝ち残る店が売り上げを伸ばす。
発売1年後:値下げ競争に勝った店は早々に切り上げ。

在庫処分は値下げ競争に負けた店が行うものです。
しかし最安値になることは少ない。

最安値はどの店も在庫があり、かつ競争の真っ最中の頃。
値下げ競争力の高い店に在庫が無くなれば、そこが底です。
「安くなるまで待つ」というのは実はとても難しい。

でも、これを意識することで、
年間何万円も得することになります。
狙い目はもちろん、最安値状態での楽天スーパーセールです。
ポイントを考慮すれば通販最安値は楽天市場であることが多い。

さぁ、準備に向けて楽天カードを申し込もう。

--

訴求のネタを多く持つ

楽天カードのように対象者が幅広い場合は、
様々な訴求にて売りに繋げることができます。

訴求するということは、そのことについて詳しくないといけない。
また、「この人はプロだ。言うことは信用できる」と思わせたい。
記事を客観的に見る場合は、この点も意識が必要です。

そうして対象者が困ってそうなことを勉強し、楽天カードに繋げる。
頭の中は常に楽天カードを売ることを考えるつもりで過ごします。
モスバーガー、、モスカードチャージで1%→モスの記事に楽天カード!!と。

クレジットカードに興味がある人だけ狙うのじゃダメ。
それでは「甘いキーワード」は見つかりません。

長くやっていると取り扱いジャンルが多くなるので、
あらゆることに興味をもって見るようになります。
何を見るにしても何かと繋げようとする。

パソコンの前だけでしか考えられないようでは修行が足りない。

--

使命感を持つ

俺はこの素晴らしい製品を世に広めるのだ!
この使命感が心から存在すると、無性に訴えたくなる。
たかがアフィリエイターではありますが、この使命感は大事です。

「そもそも、なぜそう思ったのか?」

この根本的な気持ちをよく考えてみたい。
自分の欲望を満たす姿が浮かべば失格。
相手が喜ぶ姿が浮かべば合格です。
 
 
※い、一応相手の事を考えて書いている日記です(汗
 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.