欲を無くすよりも理解することがアフィリ的

2015年10月03日  カテゴリ:アフィリエイト

9月終わり

アドセンスは最高益にはなりませんでした。
単価は良いものの、シルバーウイークの影響と、
紹介等でのアクセス数急増が無かったのが大きい。

成果報酬系は好調だったので、総合的には最高益。
伸ばす余地、余裕がある状況なので先は明るいです。

その分やることは山ほどありますが、
SEOを考え全体的に手をつけていきたい。

--

デジカメ

カメラを勉強したいのですが、
買い時(今でしょ)がさっぱりわからない。
カメラ、レンズ、三脚、オプションいろいろ、で軽く70万円

ある程度良いやつを買った方が欲は少なくなるので、
それに心中したいと考えています。
しかし、70万円のクリックをする勇気がまだない。。

--

欲は限りがない

一番良いやつを買っても、また良いやつが出ると欲しくなる。
満足度はどんどん下がっていくものです。

もし、ここでキヤノンが500万円のカメラを出したとする。
するともう、持っているものが最高では無くなるわけです。
欲というのは、常に最高を求めます。
こんなカメラを出すことによって、世に不満があふれていく。

だから「欲が不幸の根源」と仏の教え。

--

この心理を利用して

やはり、最高を教えるのが基本です。
これが最高。最高の満足ですよ、と。
特に、男はそれに弱い。

自分なんてそれの典型的な例です。
だからこそ、この心理はよくわかります。
自分が作るコンテンツも最高を教えるものばかり。

安くて良い、なんて欲が大きい男には通用しません。
最高を知るためには知識を付けないといけない。
実際に経験もしてみないといけない。

そんなのだから、ターゲットは完全に固定。
欲が大きい男です。男の満足を常に考え、コンテンツを作成しています。

得意とする、興味がある、力説できる、そんなところで勝負する。
幸いにも現在は高級品ブーム。時代に合ってます。

--

「好きなこと」はジャンルだけじゃない

このように、自分の好きな性格や考え方を突き詰めるのも良いと思います。
知らないジャンルでも、「高級品は何?」と興味が沸きます。
そこを入り口に、詳しくなっていく、と。

いかに多くの楽しみを持っているか?
そこがいったい何個目だのアフィリエイトのコツかなと思います。

 
※高いものを買う時の言い訳材料

 
 

パルどうSEOブログトップへ


Copyright (c) 2017 パルどうSEOブログ All Rights Reserved.